スポンサードリンク

2011年04月06日

子宮筋腫の症状にはどんなのがあるの?

いつもありがとうございます。

女性にとっては怖い病気であります、
子宮筋腫について、いろいろお話ししています。

今回は、子宮筋腫の症状についてです。

子宮筋腫には、どんな症状があるのでしょうか?

初期の段階では、まったく症状があらわれないことも多いと聞きます。
会社の健康診断などの婦人科検診を受けて、偶然発見された、
というケースもあるくらいです。

子宮筋腫の症状は、筋腫の種類とか出来る場所とか、
筋腫の大きさによって、変わっているのが普通です。

ケースによっては、まったく自覚症状がないまま、
かなりの時間が経過してしまう、ということも少なくありません。

子宮筋腫のわかりやすい症状としては、
月経の変化があげられます。

月経困難症とか過多月経などの症状が、代表的なケースになります。

ただし、こういった症状は子宮筋腫でなくても起こりうることなので、
そうした痛みが一過性のものなのか、子宮筋腫によるものなのかを、
判断するのは、難しいかもしれませんね。


もしも、これまでの月経時の痛みよりも、
明らかに違って痛みが強いと感じたら、
婦人科を訪ねてみた方がいいでしょうね。


また、以前よりも月経時の経血量が増えたり、
月経の期間が長すぎることも考えられます。


筋腫が大きくなりすぎてしまうと、周辺にある臓器を圧迫します。
暴行や大腸を圧迫すると、頻尿や便秘といった症状になることもあります。

さらには、その大きくなった筋腫が骨盤の中にある神経を圧迫することで、
腰痛になることもあります。


子宮内膜に筋腫が出来ると、受精卵が着床しにくくなって、
不妊症の原因にもなりえます。


こうしてみてきたように、子宮筋腫の症状といわれるものは、
いろいろとあるのですが、
こうした症状が現れたからといって、必ずしも子宮筋腫とは限りません。


もし、月経に異常を感じるようなことがあったら、
早めの婦人科受診をして、検査を受けた方がいいですね。


最後までありがとうございました。


スポンサードリンク
posted by 和子 at 10:23 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。