スポンサードリンク

2011年04月13日

子宮筋腫保存的治療ってどういうの?

いつもありがとうございます。

子宮筋腫に関して、お伝えしています。

記事に関して、ツイッターから、
子宮筋腫で手術を経験した方から、
コメントをいただきました。
ありがとうございます。


では、今回は保存的治療ということについてです。


子宮筋腫と診断されたとしても、緊急に手術が必要でなければ、
保存的治療を行う場合もあります。
子宮摘出は最終的な手段であり、まずはこの保存的治療をおこないます。


ではその方法ですが、ピルを処方することによって、
子宮筋腫の症状の月経痛や月経過多を和らげながら、
子宮筋腫の状態を検査していきます。

ただし、このピルを使っての保存的療法は、
子宮筋腫の状態を緩和することはできても、
根源の卵巣や子宮に対して治療を行っているわけではありませんので、
あくまでも対処療法に過ぎません。


この他にも、保存的治療としてホルモン療法というのがあります。


卵巣や子宮と不快関係にあるエストロゲンというホルモンがあります。
このエストロゲンが、子宮筋腫を進行させてしまうと考えられているのです。

ですから、子宮筋腫をそれ以上進行させないために、
このエストロゲンの働きを、抑制させる必要があります。

ですから、ホルモン療法を行って、エストロゲンの働きを抑制させ、
卵巣の機能を低下させることができるのです。

これで、月経も止めてしまうことになります。
ですから、出血や痛みから解放されることになり、
子宮筋腫がこれ以上大きくならないようにできるのです。


ですが、ホルモン治療を行ったとしても、
根本的には、筋腫そのものの治療を行っているわけではありません。
が、この治療を受けた患者さんの約70%の方が、
完治されているということです。


残りの30%の患者さんは、再発してしまいますが、
その再発した時点で、摘出手術に踏み切る方が多いようですね。



最後までありがとうございました。
posted by 和子 at 08:39 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。