スポンサードリンク

2011年09月30日

子宮頸がんの治療法ってどんなの?

ご訪問ありがとうございます。

女性だけがかかる病気、というのがありますね。

そうした、女性特有の病気について、
あれこれ、お伝えしています。


今回は、子宮頸がんの治療法について、
調べてみましょう。


子宮頸がんの治療法としては、
手術によるものと、放射線による治療の、
二つがあります。


それは、症状の進行度によって変わっているのです。

2期病変、つまり、
患部が骨盤壁か膣壁下の3分の1に達していない、というケースの場合は、
手術による、治療が行われるのです。

このような、初期の段階で発見できれば、
子宮頚部の一部を切り取る、円錐切除手術で治療することができます。

そして、術後には妊娠することもできます。

手術時間も、5〜10分程度で終わり、
二三日の入院で、手術は行われます。


子宮ガンの進行具合により、
子宮の摘出を行わなければならない、こともあります。


こうした切除を行うのは、
3期病変以降にまで、進行している場合です。

3期病変は、骨盤壁や膣壁下の三分の一に達した場合をいいます。

そして、小骨盤腔を超えているガンや、
膀胱、直腸の粘膜を侵しているといった場合は、
4期病変といいます。


ここまで進行してしまった場合には、
放射線治療法が行われます。


放射線治療というのは、
高エネルギーの放射線を用いて、
がん細胞を死滅させる方法です。


この放射線治療は、1期や2期といった、
比較的初期の段階でも、行うことが可能です。


高齢者や合併症を発症して手術が困難である、
と、判断された場合は、
手術ではなく、放射線治療が行われます。


この、放射線治療法には、
二種類あって、
放射線を体外から照射する外部照射と、
膣内照射です。


放射線は、がん細胞を死滅させるだけではなく、
がん細胞を小さくする作用もあります。


このほか、抗がん剤を用いて、
放射線治療の効果を高めることも、あります。


以上、簡単ですが、
子宮頸ガンの治療法について、お伝えしました。



スポンサードリンク
posted by 和子 at 14:25 | Comment(0) | 子宮の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

子宮頚ガンの原因と改善策について

ご訪問ありがとうございます。


女性特有の病気に、子宮に関するものがあります。

子宮関連の病気について、お伝えしています。

今回は、子宮ガンについてお伝えしましょう。


子宮ガンというのは、実は二つのガンの総称です。

出来る子宮の部分により、

子宮頸ガンと、子宮体ガンとに分けられています。

この二つは、発症する原因や年齢層によっても違いがあります。


子宮頸ガンは、子宮ガン患者の人のうちの割合が、
6割から7割近くあります。

子宮頚部と呼ばれる、子宮の出口付近でガンが発症するものです。

子宮頸ガンの特徴として、
40代から50代の方の、患者数が多くみられます。

原因としては、ヒトパピローマウイルスに感染することで発症します。

このヒトパピローマウイルスというのは、
性交渉の経験がある多くの人が、感染したことのあるウイルスです。

ですから、最近では20代の女性にも急増しています。

ヒトパピローマウイルスは、感染後に自然に消滅するものですが、
約10パーセントの感染者は、その後も持続して感染するようなのです。


そして、これに長期的に感染すると、
子宮頚ガンを発症する危険性が、高くなっていくのです。


子宮頚ガンは、初期症状的な自覚症状がほとんどありません。

したがって、子宮頚ガンを予防するには、
定期的に検診して、早期発見に努めることが必要になります。


早期発見できれば、早期に治療を行うことが出来、
ほとんどの場合は、完治させることができます。


子宮頚ガンが発症すると、
進行は遅いですが、不正出血を起こすようになります。

その他、おりものが異常に増えたり、
下腹部の痛みがあったり、性交渉時に出血が見られたりもします。


ですから、予防には早期発見が絶対に必要です。

症状が現れるまで発見が遅れると、
ガン細胞が周囲の内臓を圧迫するようになり、痛みも伴うようになるでしょう。


ガンという名前がついていても、
早期発見、早期治療が出来れば、
生存率は高いガンです。


早期に治療すれば、再発の危険性も低くなりますよ。





スポンサードリンク
posted by 和子 at 08:58 | Comment(0) | 子宮の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

子宮内膜症の治療法に関して

ご訪問ありがとうございます。

女性特有の病気というのがあります。

乳がんだとか、子宮筋腫だとかですが、
そうした、女性に特有の病気に関する情報をお伝えしています。


今回は、子宮内膜症に関してお送りしましょう。


前回は、子宮内膜症についてお伝えしましたが、
本日は、その子宮内膜症の治療法についてお伝えします。


子宮内膜症の治療ですが、
これには、二つの治療方法があります。

薬物療法によるものと手術療法です。


子宮内膜症の症状によって、
適切な治療法方を選ぶのです。

軽度の子宮内膜症であれば、
鎮痛剤や漢方薬といった、薬物療法で経過を見ていきます。


もしも、これで症状が改善しないようなら、
今度は、ホルモン療法に切り替えます。

ホルモン療法とは、女性ホルモンの働きをコントロールして、
一時的に、月経を止めてしまうのです。


具体的にどうするのかといいますと、
ホルモン剤を投与して、閉経もしくは妊娠状態の環境を作ることで、
子宮内膜症が小さくなる、あるいは無くしてしまう、
ことで、症状を改善させるのです。


この時、閉経状態を作りだす方法は、
偽閉経治療といって、注射、点鼻薬や内服薬を使用します。

また、妊娠状態を作り出すには、
偽妊娠治療といい、黄体ホルモン剤とかピルを使用するのです。


こうした薬物療法の場合は、
割合手軽に治療を行うことができますから、
月経痛などといったものを緩和することができます。

しかし、子宮内膜症を完全に取り除くことは難しいのです。


そして、薬の副作用などといったことが起こる可能性もあり、
体調を崩すとか、治療にかかる時間が長くなってしまいます。



では、手術療法はどうかといいますと、
こちらは、効果という点ではかなり効果があります。


子宮内膜症の手術療法は、
比較的症状が重度の場合に、腹腔鏡下手術という方法が、
一般的に行われています。

局部麻酔、全身麻酔をかけ、
へその周辺に腹腔鏡を入れる穴を開けます。

そして、小型カメラを挿入しモニターで確認しながら、
病巣の内膜を焼ききったり、のう胞を吸い出したり、
アルコール洗浄などを、行うのです。


こうした、腹腔鏡下手術では、
切開部が小さくてすみますから、他の臓器を傷つけるといったリスクを小さくできます。

そして、なにより患者さんの体力消耗も大幅に軽減されます。


いずれの治療法においても、
子宮内膜症というのは、再発の確立がかなり高いです。


ですから、定期的に検診を受けるようにしましょう。


最後まで、ありがとうございました。



スポンサードリンク
posted by 和子 at 07:41 | Comment(0) | 子宮の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。