スポンサードリンク

2011年05月15日

子宮筋腫とガンの関係について

ご訪問ありがとうございます。

子宮筋腫に関して、いろいろとお伝えしています。

今回は、子宮筋腫と癌の関係についてお伝えしましょう。

子宮筋腫からガンに変化すのか?
と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

結論から先に言うと、そんなことはありません。

子宮筋腫とガンの関係性は、基本的には無関係といえます。


子宮筋腫は良性の腫瘍です。

対して、ガンは悪性の腫瘍ですね。

良性の腫瘍である子宮筋腫から、悪性のガンになってしまう、
ということはありません。

子宮筋腫というのは、筋腫の芽の数だけできますので、
それぞれの腫瘍は、まったく別のものなのです。


それに対して、ガンの場合になりますが、
元々はひとつの腫瘍が、異常な速度で増殖するものなのです。


子宮筋腫の原因は、現在わかっていません。
生活習慣やエストロゲン(卵胞ホルモン)が関係しているのではないか、
と、いわれています。



一方、子宮頸がんの原因は、
ヒトパピローマウイルス(人乳頭腫)の16型と18型だといわれています。
主に、性行為によって感染します。
場合によっては、皮膚感染することもあります。


子宮筋腫とガンは関係はないのですが、
子宮筋腫だと思っていたら、子宮肉腫だったということも珍しくはありません。


子宮筋腫の手術をしたら、病理検査で子宮肉腫だとわかるケースもあります。
また、その逆もありえました、
意外と誤診されることが多いですね。



ですから、子宮筋腫と診断されたとしても、
油断することなく、継続的に経過を観察する必要があります。

子宮筋腫を発症したあとで、さらに子宮肉腫を発症することもありえます。


最後までありがとうございました。
スポンサードリンク
posted by 和子 at 09:19 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

子宮を摘出するとどうなるのか?

ご訪問ありがとうございます。

子宮筋腫のことについて、お伝えしています。

子宮筋腫は婦人病の中でも、特にかかりやすい病気と言われています。

今回は、不幸にして子宮筋腫になり、
子宮を摘出してしまった、ことについて、
お伝えしていきましょう。


子宮筋腫を発症して、筋腫が大きくなり過ぎたり、
筋腫の数が多すぎて一つずつ摘出するのが困難でとか、
の場合には、子宮を摘出しなければならないこともあります。


それと、出産経験があって、
今後、もう出産する予定がないのであれば、
子宮の摘出を薦める医師も多いですね。


それは、子宮を摘出してしまえば、
子宮筋腫の再発はなくなりますし、子宮ガンになる恐れもなくなるからなのです。


では、子宮を摘出してしまった後何がどう変わるのでしょう?

まず、月経がなくなり妊娠することができなくなります。
しかし、卵巣までを摘出しなければ、
更年期障害のような、不快な症状が出ることは、あまりないでしょうね。


ただし、子宮筋腫を発症しやすいとされる年代は、
更年期障害を発症しやすい年代と重なりますから、
子宮を摘出した影響がたとえなくても、不快な症状を感じる場合もあるといわれます。


子宮摘出手術を受けられた方の中には、
月経に伴う不快感、苦痛に悩まされることがなくなり、
避妊に関する心配をすることもなくなるために、
「すっきりした、もっと早く手術すれば良かった」
などと、言う方もいらっしゃいます。


反面では、「もう女でなくなった」
などの、精神的なダメージを受けて、
うつ病などになってしまう方もいるようですね。


そして、内臓下垂や膀胱炎とか、あるいは便秘などが起こる場合もありますし、
太りがちになった、と言う方もいるようですね。


最後まで、ありがとうございました。


スポンサードリンク
posted by 和子 at 10:13 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

20代でも子宮筋腫になる?

ご訪問ありがとうございます。

子宮筋腫に関する情報をあれこれとお伝えしています。

今回は、子宮筋腫は20代からでも発症する危険性がある、
ということについて、お伝えしていきましょう。


子宮筋腫といえば、30〜40代の女性に発症しやすい、
といわれていますね。

平成11年に厚生労働省から発表された資料によりますと、
40代女性の4人に一人の割合で、子宮筋腫を持っているそうです。


それなら、20代の女性なら子宮筋腫になる可能性は低いのか?
といいますと、そんなことはないんですよ。


最近になって、20代の若い女性でも子宮筋腫ができて、
それが発見されるケースが増えているのです。

ということは、初潮を迎えた女性なら誰でもに、
子宮筋腫ができてしまう可能性がある、ということになります。

そして、閉経を迎えるまで子宮筋腫が育ってしまう恐れもあります。


子宮筋腫というのは、良性の腫瘍なのですが、
それが子宮にできるために、腹痛、頻尿、腰痛、貧血、出血や便秘などといった、
症状の要因になるのです。


また、不妊症とか流産の原因にもなりえます。


もしも、レバーのような血の塊が経血の中に混じったり、
急に経血の量が増える、月経痛がひどくなる、
とかの症状があらわれるようになったら、婦人科を受診することをおすすめします。


また、たとえ子宮筋腫があったとしても、
自覚症状に現われないことが多々あります。
将来に、妊娠や出産をしたいと思っているのであれば、
定期的に婦人科検診などを受けて行くべきでしょう。


筋腫が小さくて数が少ない状況であれば、筋腫のみを切除する手術を受けられます。
しかし、筋腫のサイズが大きすぎる、数が増えすぎてしまうと、
子宮摘出ということになる可能性もでてきます。


子宮筋腫ができる原因は、いまのところ詳しく解明されていません。
定期的に、婦人科検診を受けて、
早期発見に努めるようにしましょう。


最後までありがとうございました。


スポンサードリンク
posted by 和子 at 09:34 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。