スポンサードリンク

2011年05月22日

子宮筋腫と女性ホルモンには密接な関係がある

いつもありがとうございます。

女性特有の病気に、子宮筋腫があります。

この子宮筋腫に関する、いろいろな情報をお伝えしています。


今回は、女性ホルモンと子宮筋腫の関係について、
お送りしましょう。


実は、子宮筋腫と女性ホルモンの間には、
とても密接な関係があると言われています。


子宮筋腫が発祥する時期は、女性ホルモンの分泌が活発な時期と重なるのです。
初潮の前には、発症することはありませんし、
閉経後にも、発症することはないといわれています。


そして、子宮筋腫は女性ホルモンの分泌量が多いほど、
大きく育つものなのです。


ですから、妊娠して初めて子宮筋腫があることに気がつく、
といったケースも、珍しくはありません。


ということは、女性ホルモンの分泌を抑制できれば、
子宮筋腫を小さくできる、ということになりますね。

子宮筋腫の治療で、ホルモン療法を行って、
閉経状態にすることも、多いのです。


ただ、子宮筋腫に女性ホルモンが関わっていることは、
わかってはきましたが、具体的にどんな風に作用しているのか、
ということは、いまだ特定されてはいないのです。


睡眠不足だとか、食生活が乱れる、過度なストレスを負う、
などで、免疫力が低下することで、
子宮筋腫を発症しやすくなる、と考えられています。


それと、冷え性も子宮筋腫の要因ではないか、
ともいわれています。


子宮筋腫が大きくなり過ぎたり、数が多すぎて取り除けないような場合には、
子宮全摘出を行うしか、ないようになりますが、
その際でも、卵巣を残すことができれば、女性ホルモンが分泌されて、
更年期障害のような、不快な症状がでることはないはずですね。


最後まで、ありがとうございました。




スポンサードリンク
posted by 和子 at 10:18 | Comment(10) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。